メール設定

サーバーというとホームページを運営するためだけにあると思いがちですが、こういった使い方もあるのです。

一度サーバー上でドメインの設定をしてしまえば、以後はサーバーで自由に同じドメインから何個でもメールアドレスを作成出来ます。
例えばメインで使うアドレスはあるけれど、アンケートの欄に記入するアドレス欄にメインのアドレスを記入するのには抵抗があるという場合、アンケートなどのパブリック用のアドレスを作成して別に管理することが出来ます。

メイン用とサブ用とをそれぞれ区別することが可能です。 ビジネスの場であれば、会社の代表アドレスを設定しておきます。
それとは別に部署ごとにアドレスを分けるということも可能です。営業部用や広報部用など、代表アドレス1つだと、どこの部署宛てに届いたのか分かりにくかったりしますが、区別してスムーズにすることが可能になります。
また、従業員が10名くらいであれば部署ではなくて、それぞれの名前を入れたアドレスを作ることも可能ですね。 いずれのケースもメールアドレスを複数作ることが出来るために、用途に分けた使い方が可能になるということです。 家の前にある郵便受けを想像してみて下さい。
例えば3人家族であれば、それぞれの名前の郵便物が来てもそんなに混乱しません。 これが例えば12人家族だとしましょう。12人いるけれど、郵便受けは1つです。誰宛ての郵便物かも分かりにくいです。
イメージとしては、12人それぞれに郵便受けがあって、それぞれの名前の所に郵便物が入ってくるというものです。 実際は12人家族というのはあまり多くはないですし、たとえそうだとしても郵便受けは1つでも足りるでしょう。あくまでも例えの話です。
ただ、メールを明確に目的別に振り分けることが出来るというのはプライベートであってもビジネスであってもメリットは多いと言えるでしょう。